一人暮らし 費用

一人暮らしを始めるのに最低でも50万円は必要!?

一人暮らしを始めるのにかかる初期費用は、「部屋を借りるための費用」「引越しに必要な費用」「生活必需品の購入費用」の3つ。最低でも50万円、一般的には70万円程度用意しておく必要があると言われています。

 

もちろん条件などによって金額は変わってくるので一概には言えませんが、一人暮らしを始めるのにかかる初期費用をもう少し詳しく説明すると下記のとおりです。

 

部屋を借りるのに必要な費用

・敷金2ヶ月分
・礼金2ヶ月分
・仲介手数料1ヶ月分
・前払い家賃1ヶ月分
※合計で家賃6か月分は用意する必要があると考えるのが一般的

引越に必要な費用

・引越業者に依頼すれば3〜7万円程度
※荷物や距離によって違います
・家族や友人に協力してもらえばレンタカー代程度

生活必需品の購入費用

・家具・家電(ベッド、冷蔵庫、炊飯器、オーブンレンジ、洗濯機、テレビ、掃除機)
※製品によって違いますが、おおよそ10万円程度
・その他(カーテン、照明、寝具、調理器具、食器)
※その他の雑貨はおおよそ5万円程度

 

 

これを見て、「一人暮らしを始める前からこんなに費用がかかるんだなぁ…」と感じるかもしれません。

 

また、一人暮らしを始めたらその後、お給料が出るまでの生活するお金も必要になるので、部屋の契約や引越だけですっからかんになってしまわないよう、ある程度余力は残しておきたいもの。そのため、初期費用は工夫してできるだけ抑えておくのがポイントですね。

 

 

初期費用をグッと減らす3つのポイントとは?

一人暮らしで毎月かかる生活費はどれぐらい?

実家を出て一人暮らしを始めると、ウキウキしますよね。学生の内は親が仕送りをしてくれたりして、助かったりもするのですが、働き出してからの一人暮らしは、今までかからなかった家賃や水道光熱費などの費用を全て自分で支払わなくてはいけません。ですので、給料が全てお小遣いという感覚では痛い目にあいますので、まずはじめに一人暮らしで毎月かかる費用をしっかりと計算しておきましょう。

 

下記では社会人の一人暮らしで1ヶ月間に掛かる生活費を「固定費」と「変動費」に分けてシミュレーションしていきます。

 

 

<固定費>

家賃

おおよそ7万円だとします
※地域や物件によって違います

光熱費 一人暮らしだとおよそ1万円くらい

 

 

まずは家賃が必ずかかりますね。家賃の目安は収入の1/3と言われているので7万円だと少しオーバー気味になりますが、東京都内に住もうとすると一般的な額。地域や物件によっても家賃は異なりますが、部屋探しで条件を下げるという方法もあります。ただし、女性の場合はセキュリティの面ではあまり下げ過ぎない方が無難です。

 

次に光熱費です。光熱費は「水道、ガス、電気」に掛かる費用で、季節等によって変動はありますが、一人暮らしならおおよそ全部で1万円みておけば充分でしょう。

 

 

<変動費>

食費 およそ25000円程度
携帯電話代

約7000円くらい
※個人によって差があります

インターネット・電話料 約5000円くらい
交際費 約20000円程度
日用品費 約5000円程度
貯蓄 約10000円

 

食費は個人差が大きいですが、基本的に質素に生活していれば2万〜2万5千円程度あれば生活はできます。上記のは自炊中心の生活を送った場合の目安ですが、外食やお惣菜などに頼るともっと高くなることがあります。

 

そして、次に電話代です。電話代は基本的に固定電話を持っていないなら、携帯電話代だけになります。これもかなり個人差がありますが、一人暮らしでさびしいと使い過ぎてしまうこともあるので要注意ですね。

 

これらの他にも車があれば駐車場代やガソリン代、通勤に電車を利用しているのなら交通費なども必要になってきます。

 

変動費や家賃によっても異なってきますが、この場合だとトータルで15万円程度あればとりあえず生活はできる計算になります。ですが、上記はあくまでも生活に最低限必要になってくるお金ばかりなので、「CDや新しい洋服が欲しい」「今日は外食しようかな」なんて油断しているとすぐに赤字になってしまうこともあります。また、他にもメイク用品などの美容費や病院に掛かった場合の医療費などもかかることがあるため、収入から固定費を引いた額の中で上手くやりくりして、その中から決まった額を貯金に回していければ安心です。

 

 

一人暮らしで生活費を節約するテクニックとは?

 

知らないと1万円も損!?クレジットカードを活用した簡単な節約術!