一人暮らし 暖房

一人暮らしで暖房費を節約するテクニック!

寒い冬になると暖房が必要になってくると思いますが、エアコンやこたつ、ヒーターを使うにしても電気代、ストーブを使うにしても灯油代など暖房費がかかってしまい、一人暮らしには痛い出費になってしまいます。できるだけ暖房費を節約したいと考えると思うのですが、寒さを我慢するのも大変ですよね・・・。
そこであまりお金がかからない寒さ対策を紹介しますので、ぜひあなたも参考にして暖房費を節約してみてはいかがでしょうか?

 

まず外からの冷気を部屋の中に入れないようにするため、窓に断熱シート断熱カーテンを使用することをおすすめします。断熱シートの代わりに梱包用のプチプチシート、断熱カーテンの代わりに厚手のカーテンでも構いません。窓ガラス1枚だと外からの冷気で部屋が冷えやすくなりますし、暖房を使用しても熱が外に逃げてしまい効率よく部屋を暖めることができません。しかし断熱シートや断熱カーテンで窓ガラスと部屋の間に空気層をつくることで、窓ガラスからの冷たい外気の侵入を防ぎ、貼るだけで暖房効果をアップします。

 

さらに冷たい床をなんとかするためにカーペットを敷くことをおすすめします。もし電気カーペットを使用するなら下に新聞紙を敷き詰めるだけで温まりが早くなり、電源を切った後も暖かさが持続するので試してみてはいかがでしょうか?またカーペットがない場合は、避難用の保温シートを床に敷き詰めるだけでも全然違ってきますのでおすすめです。

 

また衣類を工夫することでも暖房費を節約することもできます。特におすすめしたいのがユニクロのヒートテックです。首、手首、足首を温めると効果的ですので、インナー以外にもネックウォーマーやアームウォーマー、ソックス、レッグウォーマーなどヒートテックを使用するだけでも暖かさが全然違ってきます。最近では着る毛布というのもあり、ガウンのように着れて暖かさも抜群なのでルームウェアとしてかなりおすすめです。

 

 

 

あったかアイテム