一人暮らし 初期費用

一人暮らしを始めるのにかかる初期費用をグッと減らす3つのポイント!

敷金や礼金がゼロ物件やフリーレントで初期費用を減らす

一人暮らしをするための部屋を借りるための初期費用が全体の7割程度を占めるのですが、その中でも特にウエイトを占めるのが敷金と礼金です。しかし最近では敷金や礼金がゼロの物件も意外と多く、初期費用をグッと減らすことができます。

 

またフリーレントといって入居後一定期間(多くの場合は1〜3ヶ月)の家賃が無料になる物件もあります。ただしフリーレントの場合、最低1年以上の入居など条件が定められているので、その期間に解約する場合は違約金の支払いなどが必要になるので注意が必要です。

 

こういった初期費用を減らすための物件を探すのに便利なのが物件検索サイトです。物件検索サイトを利用すれば初期費用があまりかからない物件も探しやすいですので、お部屋探しにぜひ一度活用してみてはいかがでしょうか?

 

おすすめの物件検索サイト

 

ホームアドパーク

 

SUUMO

 

マイナビ賃貸

 

MAST

 

HOME'S

 

※掲載されている物件が異なりますので、いろいろと探してみることをおすすめ致します。

 

引越業者を利用するなら複数の業者に見積もりを依頼する

一番お金がかからないのは引越しを自分でするという方法ですが、県外など遠方への引越や女性の場合は一人ですべてやるのは大変だと思います。

 

そうなると引越業者を選ばなくてはいけませんが、荷物の量や距離などによって料金もそれぞれ異なるため、一概にどの引越業者がお得かはなかなか決めにくいものです。ですから引越業者を選ぶ際には必ず複数の引越業者から見積もりをもらうようにしましょう。このとき単に金額を見るだけでなく、スタッフの人数やサービスの内容、保証などにも注目し、納得のいく引越業者を選んでください。

 

また複数の引越業者に1件ずつ見積もりを依頼するのは面倒ですので、引越しの一括見積もりサイトを利用することをおすすめします。引越しの一括見積もりサイトは無料で利用することができ、1回の入力をするだけで100社以上の引越業者の中から見積もりを依頼することができるので大変便利ですよ。

 

おすすめの引越し一括見積もりサイト

 

HOME'S引越し見積もり

 

引越し侍

 

ズバット引越し比較

 

 

最初は家具・家電をレンタルにすれば初期費用を減らせる

家具・家電は金額の大きい買い物ですが、レンタルなら家具や家電を買いそろえる必要がなくなり初期費用を減らすことができます。さらに持ち込む荷物の量も少なくなるので、引越しの費用も安くなるというメリットもあります。

 

また最初のうちは家具・家電をレンタルにして一人暮らしを始めてみて、金銭的に余裕があるようなら少しずつ自分で購入していく人も意外と多いようです。特に家電は値段によって機能に差があり、安物を購入してあとから使い勝手が悪かったり、逆に必要以上に高いものを購入してそれほど使いこなせなかったということになることもあるようです。

 

リサイクルショップで家具・家電を揃える方もいらっしゃるようですが、それでもやはり最初にまとめて出費することになり、あとで買い換えるのもなかなか難しいですので、最初のうちは家具・家電はレンタルして必要に応じて自分で購入していくのが賢い選択だと思いますよ!

 

おすすめの家具・家電レンタルサービス

 

かして!どっとこむ

 

アコムレンタル

 

あるる

 

アットイン

 

借りたいくん